site azurite

Toshiyuki Mori Official Web Site

ブログ

blog

現在公開中「蜜のあわれ」ミュージシャン・クレジット

「蜜のあわれ」の劇中音楽やcanacoさんが歌う主題歌に、日本を代表する錚々たるミュージシャンが参加してくださってることは、残念ながらクレジットされてません。なので、ここでお伝えしておきます。

映画館に響きわたる、あの妖艶なClarinetやSaxやFluteは、本田雅人さん。全てこれら管楽器を1人でやっていただきました。

涙腺にくる素晴らしい音色を奏でるStringsのコンサート・マスターは、角松敏生さんやスガシカオ君のライブでもお馴染みの藤堂昌彦君。

Accordionは、わざわざ京都から来てくださった鶴来正基さん。あのフレンチ&イタリアン感は、この方の演奏の仕業です。

そしてDrumsは、Pointer Brothersでもお馴染みの村上ポンタ秀一さん。味わい深いブラシと深いグルーヴを。

W.Bassは、大仏さんこと高水健司さん。大仏さんがボトムだと、ハーモニーの全てが引き立ちます。

Viblaphoneは、クラシカルなスコアからジャズ・テイストまで、幅広く対応してくださる香取良彦さん。

canacoさんが歌う主題歌は、劇中音楽2曲に歌詞をつけたものを歌っていただきました。その作詞は、山田博士さん。

エンジニアは、渡辺省二郎さん、勝本道哲さん。このお二人がいらっしゃらないと、こうはならなかったです。石井監督とタッグを組んで多数音楽担当してらっしゃる勝本さんには、本当に頭が上がりません。

作曲編曲とピアノとプログラミングは、私です。

全てのミュージシャンの方々。改めまして、素晴らしい演奏そしてご協力ご理解のほど、心から感謝しております。お時間ありましたら、是非とも映画館にどうぞ。特に本田さんと藤堂Strの活躍っぷりには、目を見張るものがあります。
<   2017-05   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

森塾
吉田美奈子「calling」